インターフェイス

実装

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日 2016-12-31

インターフェイスを実装するためにはキーワード implements を使用します。

interface Foo {
    foo(): void;
}

class Bar implements Foo {
    public foo(): void {
        // foo() の実装
    }
}

上記の例では、クラス Bar はインターフェイス Foo を実装します。 インターフェイスはカンマで区切ることで複数指定できます。

interface Foo1 {
    foo1(): void;
}

interface Foo2 {
    foo2(): void;
}

class Bar implements Foo1, Foo2 {
    public foo1(): void {
        // foo1() の実装
    }
    public foo2(): void {
        // foo2() の実装
    }
}