関数

宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日 2016-12-31

TypeScript では JavaScript と同様の書式で関数を宣言することができます。

function foo(x, y) {
    return true;
}

さらに、型注釈を使用することで関数の引数と戻り値の型を明示的に指定することができます。

function foo(x: number, y: string): boolean {
    return true;
}

ところで、関数の型(シグネチャ)は、関数型リテラルとして表現できます。次に示すのは、関数型リテラルの書式です。

(引数の型のリスト) => 戻り値の型;

次に示すのは、Number 型の引数 x と String 型の引数 y を持ち、Boolean 型の戻り値を持つ関数型リテラルです。

(x: number, y: string) => boolean;

次に示すのは、関数型リテラルを引数に持つ関数宣言の例です。

// 引数 callback の型は関数型リテラル
function foo(callback: (x: number, y: string) => boolean): void {
    
}

// 関数 foo() の呼び出し例
foo(function(x: number, y: string): boolean {
    return true;
});