付録

コンパイラオプション

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日 2016-12-31

-d または --declaration

TypeScript の実装ソースファイル( .ts )から、宣言ソースファイル( .d.ts )を生成します。 例えば次のような実装ソースファイル( foo1.ts )があるとします。

class Foo {
    constructor(private x: string) {
    }

    public result(): string {
        return this.x;
    }
}

次のコマンドを実行すると宣言ソースファイル( foo1.d.ts )が生成されます。

tsc -d foo1.ts
declare class Foo {
    private x;
    constructor(x: string);
    public result(): string;
}

-h または --help

コンパイラの使用方法を表示します。

tsc -h

--mapRoot

デバッガが参照する .map ファイルの場所を指定します。詳細はソースマップを参照してください。

-m または --module

モジュール形式を指定します。詳細は外部モジュールを参照してください。

--noImplicitAny

暗黙の any 型の宣言や式を警告します。例えば次のようなソースファイル( foo2.ts )があるとします。 変数 x には型注釈が無いため、暗黙の any 型となります。

var x;

次のコマンドを実行すると、警告が表示されます。

tsc --noImplicitAny foo2.ts

--out

ソースファイルを連結して単一ファイルに出力します。

tsc --out result.js foo3.ts foo4.ts

--outDir

出力先のディレクトリを指定します。

tsc --outDir result *.ts

--removeComments

コメントを出力しません。

tsc --removeComments foo5.ts

--sourcemap

.map ファイルを出力します。詳細はソースマップを参照してください。

--sourceRoot

デバッガが参照する .ts ファイルの場所を指定します。詳細はソースマップを参照してください。

-t または --target

ECMAScript のバージョンを指定します。詳細はクラスを参照してください。

-v または --version

コンパイラのバージョン番号を表示します。

tsc -v

-w または --watch

入力ファイルを監視して自動コンパイルします。

tsc -w *.ts

@

ファイルからコンパイラオプションを読み込みます。 例えば次のようなテキストファイル( build.txt )があるとします。

--out result.js foo6.ts

次のコマンドを実行すると、build.txt からコンパイラオプションを読み込んでコンパイルします。

tsc @build.txt

--codepage

ソースファイルを開く際のコードページを指定します。次のコマンドを実行すると、ソースファイル( foo7.ts )をコードページ 932 (シフトJIS)で開いてコンパイルします。 なお、このオプションは npm 版の TypeScript コンパイラにはありません。

tsc --codepage 932 foo7.ts