AndroidFacadeAPI

連絡先

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日 2016-12-31

次に示すのは、連絡先を起動する例です。

import android
droid = android.Android()
droid.viewContacts()

連絡先の情報を取得するためには連絡先属性を指定する必要があります。 contactsGetAttributes() を呼び出すと、指定可能な属性のリストを取得することができます。

import android
droid = android.Android()
attributes = droid.contactsGetAttributes()
for i in attributes.result:
    print i

主な属性をいくつか示します。

属性 説明
_id 連絡先 ID
name 名前
primary_phone メインの電話番号 ID
primary_email メインのメールアドレス ID
type 電話番号の種類
number 電話番号

contactsGet() を呼び出すと、連絡先の情報を取得することができます。 次に示すのは、全連絡先の名前を取得する例です。

import android
droid = android.Android()
messages = droid.contactsGet(["name"])
for i in messages.result:
    print i["name"].encode("utf-8")

contactsGet() の引数は属性のリストで、省略可能です。 省略した場合は ["_id", "name", "primary_phone", "primary_email", "type"] を使用します。

特定の連絡先の情報を取得するためには連絡先 ID を指定する必要があります。 contactsGetIds() を呼び出すと、連絡先 ID のリストを取得することができます。

import android
droid = android.Android()
ids = droid.contactsGetIds()
for i in ids.result:
    print i

contactsGetById() を呼び出すと、指定した連絡先 ID の連絡先の情報を取得することができます。 次に示すのは、連絡先 ID が 1 の名前を取得する例です。

import android
droid = android.Android()
message = droid.contactsGetById(1, ["name"]).result
print message["name"].encode("utf-8")

contactsGetById() の引数は順に、連絡先 ID、属性のリストで、第2引数は省略可能です。 第2引数を省略した場合は ["_id", "name", "primary_phone", "primary_email", "type"] を使用します。

contactsGetCount() を呼び出すと、連絡先の数を取得することができます。

import android
droid = android.Android()
print droid.contactsGetCount().result