AndroidFacadeAPI

電池

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日 2012-12-02

次に示すのは、電池情報をコンソールに表示する例です。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.readBatteryData().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryStartMonitoring() を呼び出すと電池情報の取得を開始します。 次に、sleep() を呼び出して適当な時間待機し、readBatteryData() を呼び出して電池情報を読み込みます。 readBatteryData() は以下の値を返します。

説明
status 充電状態
health 健康状態
plugged プラグ接続状態
battery_present 電池の有無
level 電池の残量
voltage 電圧
temperature 温度
technology 種類

最後に batteryStopMonitoring() を呼び出して電池情報の取得を停止します。

なお、SL4A は電池情報ごとに以下のような API を用意しています。

batteryCheckPresent() を呼び出すと、直近の電池の有無を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryCheckPresent().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryGetLevel() を呼び出すと、直近の電池の残量を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryGetLevel().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryGetHealth() を呼び出すと、直近の電池の健康状態を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryGetHealth().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryGetStatus() を呼び出すと、直近の電池の充電状態を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryGetStatus().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryGetTemperature() を呼び出すと、直近の電池の温度を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryGetTemperature().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryGetVoltage() を呼び出すと、直近の電池の電圧を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryGetVoltage().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryGetPlugType() を呼び出すと、直近の電池のプラグ接続状態を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryGetPlugType().result
droid.batteryStopMonitoring()

batteryGetTechnology() を呼び出すと、直近の電池の種類を取得することができます。

import android
import time
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
time.sleep(5)
print droid.batteryGetTechnology().result
droid.batteryStopMonitoring()

battery イベント

batteryStartMonitoring() を呼び出すと、電池情報を取得した際に "battery" イベントが発生します。 次に示すのは、"battery" イベントを利用して電池情報を表示する例です。

import android
droid = android.Android()
droid.batteryStartMonitoring()
event = droid.eventWaitFor("battery")
print event.result["data"]
droid.batteryStopMonitoring()